誰でもできる金運アップの方法!あなたの財布は大丈夫?

この記事の所要時間: 429

あなたの財布は精霊に好かれていますか?

金運アップの財布

皆様ここにお越しくださいましてありがとうございます。凰陣です。先日に引き続きお金についてもう少し掘り下げてお話しをしてみたいと思います。

【参考記事】

実はお金も精霊様なのです。好みも性格もさらには歩んできた歴史もそれぞれ紙幣や硬貨によって異なります。なんだか人間みたいですね((笑)そろそろ財布を新着されるご予定がある方、金運をアップされたい方等はこれを機会にお金の精霊様が居心地の良い財布作りを目指してみませんか。それではご自分の財布は精霊様好みの財布か一緒にチェックしてみましょう!

精霊様は実は面食いかも

1、長財布はかさばるので二つ折りや三つ折りの財布を使っている。

先程お金の精霊様は人間みたいといいました。人間も窮屈な姿勢は嫌いですよね。なのでお金の精霊様も同じで窮屈な姿勢をさせると当然ながら好かれなくなります。二つ折りの財布をおしりのポケットに入れて持ち歩く人をよく見かけますが、そうしますとお金が苦しがりますます金運がダウンしてしまいます。精霊様はのびの~びとした環境が好きみたいです。

2、ビニール・ナイロン・合成皮革・布の財布を使っている

ビニール・ナイロン・合成皮革の財布はお金の気を燃やす事になります。布の財布はパワーが弱くなります。財布の素材は牛革が一番!羊皮もお好みみたいです。あまりお金の廻りが良くない人がいきなり爬虫類系の財布を持つのは良くないようです。爬虫類は執着心が強いので、その気に精霊様が負けてしまいます。

3、財布の色に、赤または青系の色が使われている

赤の気はズバリ火!なので赤い財布は精霊様の気を燃やしてしまいます。青はお金を流してしまう色だそうです。財布の色は外側だけでなく、お金が直接触れる内側も影響がありますので内側に赤や青が使われいるのも避けた方がいいようです。カード類など中に入れるのも、赤と青は止めといた方が良いでしょう。精霊様が燃えて流れてしまいます!

ここまでは精霊様の好みの形や色についてお話ししました。次にお付き合いの仕方についてのチェックです。

住むところにはこだわりいっぱい!どこまで尽くせるかがカギ?!

 

4、財布がくたびれていて汚れや傷が目立つ

財布はお金の家です。汚い家に住んでいたら運気が下がるのと同じで、全体的によどんでパワーが失くなっている財布は確実に金運を落とします。型崩れしている財布も同じで運気がダウンしてしまいます。今、部屋を見渡してドキッとしてませんか?

5、ファスナーやスナップ部分の金具がゆるんでいる

財布の金具の締まりがゆるいと不思議な事に出費や無駄遣いが多くなります。運や商売繁盛のお守りを1つだけ入れるのは吉〇。気を付けて頂きたいのは本の付録などの根拠不明な開運グッズを入れると運気が下がるということ。

財布に入れたお守り

6、帰宅後服の中に財布を入れっぱなしにしている

帰宅しても財布を上着やズボンのポケットに入れたままにしておくのは避けた方がいいでしょう。家に帰ったら服から取り出し、いつもの財布の定位置に置く習慣を付けましょう。それによって財布は昼間の活動中に消耗したエネルギーを充電します。人間がべッドで眠るのと同じです。外出時のバッグの中に財布の定位置を決めておく事は良いようです。

7、財布にお金とキャッシュカード以外のものが入っている

ビニール類は火の気に属しますのでお金を燃やす事になります。クレジットカードなどを保護するカバー、パウチされた身分証明者や病院の診察券などを財布に入れるのは避けた方がよいでしょう。別にして持つようにしましょう。財布の中に金運や商売繁盛のお守りを1つだけ入れるのは吉です!でも本の付録などの根拠不明な開運グッズを入れると、運気が下がるので要注意。

私のお金巡りのいい財布大公開!

8、今使っている財布を気に入っている訳ではない

自分が気に入っている財布はお金も居心地が良いのです。気に入らない財布を使っていると入って来るお金が少なくなります。ちなみに今私が使ってる財布はこれです。今気づいたのですが、青色のようなきもしますね((笑)

金運アップの財布

皆さんはいくつチェックしましたか?チェックが付くほど、金運がダウンしやすくなります。最近お金の廻りがなんだか悪い人、新しく新着される予定の方のご参考になれば幸いです。ここまで読んで下さった方に1つアドバイス。こんな私の財布ですが↑(笑)

満月の夜に中身を出してフリフリし、キッチリと整理をしてお金を戻すと不思議とお金の巡りがよくなりますよ。気になる方はやってみて下さい。それでは、また。凰陣

この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 36 シェアされています

ABOUTこの記事をかいた人

37年前に某霊場にて個人得度を受けました。 それ以来、仏道のみならず神道をもこよなく愛し、八百万の神様たちと日々過ごしながら、不思議な話を綴っています。