続・鎧武者が出没する野間峠は元首切りの処刑場

この記事の所要時間: 320

デートスポットに現れる白いちゃんちゃんこの女子

女の子の霊

凰陣です。野間峠のトンネルの入り口で雑草が鎧武者に見えたと彼女に言って、それを確かめに行って雑草がどこにもなかったと書きました。

【参考記事】

びっくりして目を白黒させている私を見て、彼女はケラケラ笑ってこんな話しをしてくれました。

この前、夜景を見に行ったやろ。あの時になぁ……

実はこの少し前、彼女と妙見山に夜景を見に来ていたのです。妙見山の山上には、妙見宗総本山の本瀧寺があります。山上の寺院なので広い駐車場が整備されているのですが、そこから大阪の夜景が一望でき、近隣では有名なデートスポットなのです。着いた時は夜の10時。他にデート中と思われる車が何台か停まっていました。他愛もない話しで笑っていたのですが、彼女が急に黙り込んで何台か先の白いセダンの方を見ています。

何? どうしたん?

問いかけても返事をしなくなり、ぽつりと、

帰ろ

と言うので、家に送り届けました。

あの時なぁ、白い車の後ろにチャンチャンコを着た女の子が、車の中を見ようとピョンピョン跳ねててん

どうやらそれを凝視していたようで、白いセダンがバックして出発した時、女の子は轢かれるかと思いきや、車は女の子を素通りし、車が走る後ろをそのチャンチャンコの女の子が、ずっと追いかけて行ったそうです。その一部始終をみて、

「帰ろ」

 となったと言います。

な〜んや。やっちゃん(凰陣の事)もあたしと一緒かぁ

と意味深な笑いを浮かべて、それから会話もなく家まで送って行った事が思い出されました。でも不思議ですねぇ。今回のリクエストをいただいた時、なぜすぐに野間峠と彼女を思い出したんでしょう?

呼ばれたのかも知れません。

【妙見山駐車場】

この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 37 シェアされています

ABOUTこの記事をかいた人

37年前に某霊場にて個人得度を受けました。 それ以来、仏道のみならず神道をもこよなく愛し、八百万の神様たちと日々過ごしながら、不思議な話を綴っています。