死を告げる老婆

この記事の所要時間: 26

この老婆はこっち側の人?あっち側の人?

おばあちゃん

この話は広島出身の水商売のお姉さんに教えてもらった話。地元でタクシーに乗ろうとした時後ろから見知らぬ老婆に話しかけられ腕までつかまれたので少し怒り気味に応対したそうです。そうすると乗ろうとしていたタクシーに後ろに並んでいた人が先に乗ってしまいそのタクシーはさっさと出発してしまいました。

「あっ、もう!」と言ってそのタクシーを目で追うと、その瞬間です!

交差点で信号無視のダンプカーに横から突っ込まれて大破してしまいました。一瞬の出来事にびっくりして話しかけてきた老婆の方を振り返るとそこには誰もいなかったそうです・・・。
この話を聞いて私がすぐに思い出した事が新聞の囲み記事にもなった福知山線の脱線事故です。

車

事故を起こす直前にオーバーランして停車していた伊丹駅で、車内で携帯電話で通話していた22歳の女性の腕を老婆がつかんでホームに無理やり降ろし、

この電車に乗っていてはいけない

と、鬼気迫る調子で警告したそうです。この老婆は続いて、電車に乗ろうとしていたサラリーマン風の男性に、

あんた、子供ができたばっかりやろ! この電車に乗ってはいけない

と言ったそうです。

見ず知らずの老婆が、なぜ俺に子供ができた事を知っているんだ?という事でこの人も電車に乗らなくて、この2人は結果的に助かったのですが、老婆はいつの間にか姿が見えなくなっていたとの事。

この老婆は、こっち側の人なのかあっち側の人なのかは分かりません。
この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 9 シェアされています

ABOUTこの記事をかいた人

37年前に某霊場にて個人得度を受けました。 それ以来、仏道のみならず神道をもこよなく愛し、八百万の神様たちと日々過ごしながら、不思議な話を綴っています。