昔の方が勝てたと言うけど本当に勝っていたの?思い出補正じゃないの?

昔は勝てたというおっさんが多い

パチンコ思い出補正パチンコ歴20年以上のパチンカーのおっさんが自慢げによく言う言葉は

今のパチンコ、パチスロは勝てない!昔の方がよかった

はたして本当にそうだったのだろうか?

現行のパチスロ5号機と昔のパチスロ

昔が良かったという人は4号機をやけに美化してしまっている。同じAT機でも5号機は純増が1~3枚、4号機は12枚。それだけ見ると1回のATでの獲得枚数がかなり違う。

私が見てきた限りでは4号機時代でも大勝ちしている人はごく一部で、その他のほとんどの人は負けていましたね。4号機の初代ミリオンゴッドの【GOD揃い】確率は5号機のハーデスや凱旋と同じ。だったら4号機の方が勝てると思いがちですがそうではないです。

コイン持ちが全然違うんです。子役やリプレイはほぼ当たりません。

【GOD揃い】さえすると5000枚で10万円だった!と言っているおっさんは本当に自分で当てたんですか?人やうわさの話を自分の話としてしているんではないですか?

脳内で自分が当たっていたと勘違いして、しかも負けている事を完全に忘れているいわゆる「思い出補正」されているんです。

ちなみに私は1年間初代4号機のミリオンゴッドを打ちまくっていましたが2回しか【GOD揃い】を引いたことがありません。大負けです。たまに大勝してしまうとそれ以上に負けている事を忘れてしまうんですね。

ちなみに万枚達成は5号機のハーデスが一番簡単だと思います。

現行のパチンコ機と昔のCR機や権利モノ

昔のCR機は確変2回ループで勝ちやすかった!とか爆裂権利モノは何十万円も勝てた!と言うおっさんも【思い出補正】が入っていますね。

おっさんは確変2回ループの話しばかりしますが、確変を当てるのはかなり大変です。しかも、当時はラッキーナンバー制で確変以外は1回交換。換金率も悪い。確変を引かない限り現金投資が止まらないのです。

権利モノも連チャンが凄かった話ばかりしますが、当てるまでいくらお金があっても足りません。大当たり全てが連荘する訳ではないのです。しかも連チャンモードかどうかは目に見えないのでうさんくさすぎます。

権利モノは基本返し玉ゼロが普通。当たるまで出玉が全くないので恐ろしい現金投資額になります。

ただし連チャンした場合恐ろしく出るのでそのイメージしか頭に残っておらず、いくら使ったかは記憶にないのです。

結局はいつの時代も客はパチンコ店の養分である

昔がよかったオヤジはいつの時代も同じことを言っているだけの養分です。2号機から3号機に変わった時も、現金機からCR機に変わった時もいつものセリフを口にします。

昔はよかった!昔は勝てた!今は勝てない!

どうしようもないパチンコ依存症です。パチンコで勝てた時代なんかあるわけないじゃないですか?そういうと、パチンコ・パチスロで生計を立てていた人がいたとか、データをきちんと取って設定判別したら勝てたとか言いますよね?

それはあなたではなかったですよね?他人の儲かった話やうわさを自分がした事と思い込んでいるだけですよね。

思い込みだと気付かない人が多いおかげでパチンコ店はさらに儲かります。10年後も同じことを言っているんでしょうね。

この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 10 シェアされています