失敗したらなぜ失敗したのかを考えることで『失敗は成功への近道』になる

何度もチャレンジしているのになぜ結果がでないのか?

ピンチはチャンス
失敗した時にあなたはどういう行動をとっていますか?『無理だとあきらめる』、『もう一度チャレンジする』どちらかの行動をとっていると思います。あきらめてしまうとそこで終わり。成功するまでチャレンジする人はいい方向に向かうと思います。

何度もチャレンジしているのに全然結果が出ない人は『ある事』をしてないと思います。それは・・・

失敗の原因を解明して次の行動に活かす

失敗してもあきらめず何度もチャレンジするのはいいことだと思います。しかし、失敗した原因を解明して次に挑まなければ同じ結果になる可能性が高いです。結果が出ないのには必ず『理由』が存在するのです。

上手くいかなかった原因を突き止めると、次回の結果は必ずいいものになっていると思います。

失敗や困難は自分のスキルを上げる最大のチャンスです。

失敗して原因を突き止める。今まで知らなかった事を知ることが出来る。困難にぶち当たったら解決法を探る。この行動こそがあなたをレベルアップさせてくれるのです。

人間は失敗や困難に直面しないと考えようとしません。火事場の馬鹿力ではないですが、人は追い込まれれば追い込まれるほど想像以上の力を発揮できるんです。

失敗や困難は成功する最大のチャンス

なんです。成功者の本を読んでも必ず失敗したり困難にぶち当たっていると思います。人間はそこからしか学べないのです。どん底にいる時はそんなことを考える余裕はない!と思われるかもしれませんが、そのままにしておくと状況は悪くなる一方なんです。

失敗や困難は『成功する前兆』ですので楽しむ事で解決し、人生は簡単にいい方向に向かうと思いますよ。

この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 13 シェアされています

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県三田市でパソコン教室『パソコンくらぶゼロワン』やっています。初心者から上級者まで対応!もちろんスマホ、タブレットなどもお教えしています。パソコン修理や設定、買い替えなどもサポートしていますのでよろしくお願いいたします。