パチンコ店のアルバイトでマイクパフォーマンスはきつかった

大学時代に先輩に誘われてパチンコ店のアルバイトを始めた

パチンコ店員
学生時代、先輩に「楽チンだよ」誘われてパチンコ店でアルバイトをした。時給は700円。夕方5時~12時くらいまで。まぁ、アルバイトなので社員の補助ぐらいに考えていた私はOKした。パチンコ店の客はガラが悪いと聞いていたが想像以上だった。今では考えられないが、負けが込んでいる客は容赦なくパチンコ台のガラスを割る。店員に絡む、大声を出すなどまさに鉄火場だった。いちばん驚いたのは、トイレの便器に思い切り蹴りを入れ割ってしまった人。水が噴出し水浸しになっていた。

マイクパフォーマンスバリバリの当時のパチンコ店

夕方からはホールはアルバイトのみで営業していた。今ではないが当時呼び込みアナウンスバリバリの時代だった。毎日交代で呼び込みアナウンスをする。

いらしゃいませ、いらしゃいませ、いらしゃいませ日本全国 津々浦々 星の数ほど多くある 遊技場娯楽場の中よりパチンコするなら ☆☆☆☆☆店と 御指名 御来店いただきまして誠に 誠に有難う御座います。 有難う御座います店主、スタッフ一同に成り変りましてご来店のお客様 お一人様 お一人様に 厚く深く 深くも厚く 御礼申し上げます。出ます、出します、取らせますと3拍子4四拍子 取り揃えまして全機 全台 大開放 大放出で御座います。 1列トップナンバー1番台は元より2番台 3番台 ラッキー7台は優にオトラズ・・・・・

とまだまだ続く。これを暗記し、ホール内で喋り、同時にアウトローなお客さんの対応をする。嫌でしょうがなかった。

結果、人見知りな性格が改善された!

当時の私は人見知りで人前でマイクを使って喋るなどもってのほかだった。しかし、2週間ほどやっているとなれてきて恥ずかしくなくなってきた。お客さんの扱いにも慣れた。この強制的な経験がなければ人前でろくに話せない人間になっていたでしょう。人間、苦手なことも克服できるんですね。

何かを習得する!

嫌な仕事でも嫌々するのではなく、それを通じて自分を成長させることが大事だと思う。職種が何であれ得るものは必ずあるはず。人間関係で仕事を辞める方もいるが、そこでいかに上手に嫌な人との人間関係を築けるかを考える事で成長する。自分に都合のいい職場なんてありません。辞める前に努力しよう!

この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 0 シェアされています

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県三田市でパソコン教室『パソコンくらぶゼロワン』やっています。初心者から上級者まで対応!もちろんスマホ、タブレットなどもお教えしています。パソコン修理や設定、買い替えなどもサポートしていますのでよろしくお願いいたします。