パチンコ店に金を盗みに来る客。確実に盗む驚愕の方法とは?

パチンコをする訳でなくお金を盗みに来る人達

コイン泥棒パチンコ店は【パチンコ】【スロット】を遊戯する場所ですが、違う目的で来店する人がいます。それは【お金】を盗みに来るんです。その手口は色々あり中には【頭いいな】と思うような手口があったので紹介します。

販売機の返却口をあさる人

これはパチンコ屋に限らず定番ですね。道端に置いてある販売機より購入者が多いのでお釣りの取り忘れが多いので、パチンコ店専門で回収していく人が多いです。

コインサンドの返却口をあさる人

昔は500円単位でコインを投入し、玉を借りていたんです。当時のサンドはセンサーの反応が悪くしょっちゅう返却口にコインが戻ってきていました。遊戯しているお客さんはパチンコに夢中になっているので何枚500円を入れたか覚えておらず、結構取り忘れがあります。

従業員が1日見て回ると5000円以上は普通にありました。ですのでパチンコ屋を回っていくと結構な収入になります。これも狙われていましたね。

驚愕!両替機に細工をして盗む手口

大胆にも両替機を狙う人もいました。鍵でこじ開けて中からお金を取るわけでもありません。ではどうやって両替機を開けずにお金を盗んだのか?それは・・・

両替後の500円玉の出口の裏側に【ガム】を貼り付け、お客さんが両替する度に1枚、2枚がガムに引っ付くという方法。1万円を全部500円に両替する客が多く、両替後は早く打ちたいので500円の枚数を数える人はほとんどいないんです。

両替機を開けても500円の出口付近は見えにくいので分からなかったんです。この方法には正直【感心】しましたね。

今の時代はサンドに忘れた残高が残っているカードを盗むという行為に変わっています。しかし現在の店内の監視カメラの性能が格段に上がっているので盗むことは難しいですね。

この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 2 シェアされています