パチンコ店に大卒エリート入社!勘違い発言で場がフリーズ!

勘違いエリート発言をする大卒の新入パチンコ店員

エリートパチンコ店員
20年前のパチンコ屋はダメ人間の吹き溜まりだった。DQN率は9割以上。そこに大卒の肩書を引っ提げて入社した男がいた。名前は矢部(仮名)大学と言っても3流私大である。矢部は入社日の紹介でこう述べた。

私は大卒です。だからと言って皆さんと同じですので安心してください。えこ贔屓もしなくて結構ですと。キャリア組の挨拶である。完全にバカにした態度に従業員はあいた口がふさがらない。そもそも大学まで出てパチンコ屋に就職すること自体終わっている。矢部は底辺しかいない職場では威張れると思ったんだろう。

しかし現場は感情のみで動く従業員ばかり。怖いものなしなのでいう事を聞くわけがない。結局彼は従業員に潰され目立たない奴となった。おまけにアルバイトは現役国立大学生もいたのでさらにバカにされた。彼は今どうしているのだろうか・・・

この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 1 シェアされています