パチンコ台のガラスにマジックで目印!?部長の精いっぱいの集客サービス

何をやってもお客さんが集まらない

パチンコ店集客サービス
パチンコ客集客のためにいろんなことをやってきた。『大花火全台設定6(1回交換)』『ジャグラーのモーニング(GOGOランプ外し)』『女子社員の過激サービス』も一瞬お客さんが集まっただけで意味がなかった。

高設定を入れても釘を開けても…

誰が打っても出るように釘をあけ、スロットには高設定を入れてもお客さんが少なすぎて目立たない。お客さんに分からないのだ。

パチンコ客がせっかくお店に入ってきても、お客より店員の方が多いので釘などを見ずに帰ってしまう。自分も同じ立場ならこんな所で打たないだろう。

台を見ただけで出る事がわかれば客は打つんじゃない?

部長に相談すると「いいアイデアがあるで!」と即答。そのアイデアとは

パチンコ台のガラスにマジックで書いたらええんや!

???どういう事ですか?と聞くと部長は言った。パチンコ客は釘があいているかどうかははっきり言って分かっていない。出している客が多いと今日は出ているとしか考えない。

客がいないのでそれは無理だ。だったら『この台は出る!』と見た目でわかればいいんや。部長はマジックで何やら書き出した。

台のガラス左上に二重丸を書く(出るというアピール)

台のガラスによく回る場所(ぶっこみ)に矢印を書く(初心者でも打つ場所がわかる)

書き終わった部長は満面のドヤ顔で言った『これでバッチリやで』私は思った。この人本当にパチンコ店経営者なのか?

マジックサービスの成果は?

全くありませんでした。入ってきたお客さんはパチンコ台のガラスに書かれている『二重丸』や『矢印』を見て、うさんくさそうな顔をして店を出ていく。

まぁ、打つわけ無いですわな。しかもこれって違法じゃないかバレて大ごとになる前に消しました。もう部長にはアドバイスは求めません。

この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 15 シェアされています