『ジャパネットたかた』に学ぶお客さんの心を動かす最強の売り方

人の心を動かすのは商品の性能ではない

『どんな商品が売れるんですか』

『売れる商品を教えてください』

この質問が多いです。確かに売れ筋商品はありますが売るために重要なのはずばり『売り方』だと思います。売り方次第で売れるはずの商品が売れなかったり、売れる訳ないと思っている商品が売れたりします。

売り方が最高に上手で勉強になるのは…

その売り方は誰もが見たことがあるであろう『ジャパネットたかた』の売り方です。

『ジャパネットたかた』で紹介されている商品は普通に電気屋で売っている物で特に目新しさはありません。商品のスペックもたいして良くはなく知っている人からすれば、これは買わないわ~という商品が多い。

しかし、現実は売れまくっている。なぜなのか?注意して番組を見ているとある事に気づく。それは・・・

その商品を買った後に購入者がどういうメリットがあるかを徹底的に伝えている。

例えばパソコン。お年寄りには必要ないと思われがちだが購入すると普段はあまり会う事が出来ないお孫さんとテレビ電話で会話ができる事をアピール。

スマホだとお孫さんとラインでやり取り出来るので喜びますよとか。

調理器具(フライパン)などはいかに簡単に出来るか、それを使って作った料理で家族(彼氏)がいかに喜ぶかをアピール。

そうすると人の心って動いちゃうんです。商品の性能はどうでもいいんです。いかに自分にとって明るい、楽しい結果が待っているか?それが重要なんですね。

車だと加速性能などのスペックの高さより購入すると家族とお出かけ出来たり、お目当ての彼女とドライブが出来ますよと購入後の楽しい未来を想像させると自然と売れて行きます。

商品選びに苦労しているのであれば方向を変えて、商品を買った後の楽しい未来を想像させる文章を書く事に力を入れると自然に売れていくと思います。

この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 13 シェアされています

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県三田市でパソコン教室『パソコンくらぶゼロワン』やっています。初心者から上級者まで対応!もちろんスマホ、タブレットなどもお教えしています。パソコン修理や設定、買い替えなどもサポートしていますのでよろしくお願いいたします。